警報発令時の対応

TOP > 警報発令時の対応

気象警報発令時の登校の取り扱い

気象情報によって、登校時「名古屋市」及び児童の居住地域、通学地域に暴風警報が発令された場合、下記の通りとします。

・午前6時までに解除されたときは、通常授業とする。
・午前6時までに解除されない場合は、休校とする。
*その他、上記以外でも、登校に危険が伴い通学に支障があるときは、臨時休校とする場合があります。

緊急一斉下校時の取り扱い

1.気象警報発令時や安全上の理由による緊急下校について

気象情報によって、児童在校時に「名古屋市」及び児童の居住地域、通学地域に暴風警報が発令され、授業の継続が困難であると判断し、集団下校を実施する場合、また安全上の理由により緊急一斉下校をおこなう場合、保護者に対し緊急メールでお知らせします。

2.流行性感冒等による感染防止のための学級・学年・学校閉鎖時の該当児童の下校について

流行性感冒等により多数の児童が欠席している時、感染の拡大を防ぐ意味から、状況に応じて学校・学年・学級を閉鎖し、対象の児童
に対し緊急一斉下校をおこなう場合があります。該当児童の保護者に対し、緊急メールでお知らせします。